ぱんだこ保育園

ぱんだこ保育園

menu

ぱんだこの由来

いわずとしれた人気者のパンダ。愛らしい模様や動きは、見る人の心を癒し、誰にも無条件に愛される。子どもたちが、親にとっても、地域にとっても日本にとってもそんな存在であって欲しいという思いでパンダを用いました。ぱんだの後ろについている「co( こ)」は、パンダの子という意味ではなく、「コミュニティー(community)」「コミュニケーション(communication)」:のco を取ったもので、未来を担う子どもたちへの希望や夢、社会で必要なさまざまな教育を保護者の皆様と保育園が「共育」するという共同意識と、その共育に必要な情報交換を活発に行える場所という意味を込めたものです。温かな愛情を惜しみなく子どもたちに注ぎ、明るい笑顔に溢れ、優しい心で接し、訪れる人みんなの気持ちが良くなるような保育園でありたいと願い、命名しました。

​五育

「教育」
絵本や英語、文字遊びなどを通じ学ぶことの楽しさを伝えます
「体育」
公園での外遊びやスポーツ、身体を動かすことで丈夫な身体を作ります
「食育」
地産地消。道内産の安心・安全なお米や食材を中心に食べる楽しさを通じ身体の中から健康な身体を作るお手伝いをします
「知育」
お絵かきや製作を通じ考えること、表現することを身につけます
「共育」
「保護者の皆様と共に子育て」を目標に、保護者の方との信頼関係を大切に、有意義な情報交換や発信基地を目指します

ぱんだこ保育園の特色

いわずとしれた人気者のパンダ。愛らしい模様や動きは、見る人の心を癒し、誰にも無条件に愛される。子どもたちが、親にとっても、地域にとっても日本にとってもそんな存在であって欲しいという思いでパンダを用いました。ぱんだの後ろについている「co( こ)」は、パンダの子という意味ではなく、「コミュニティー(community)」「コミュニケーション(communication)」:のco を取ったもので、未来を担う子どもたちへの希望や夢、社会で必要なさまざまな教育を保護者の皆様と保育園が「共育」するという共同意識と、その共育に必要な情報交換を活発に行える場所という意味を込めたものです。温かな愛情を惜しみなく子どもたちに注ぎ、明るい笑顔に溢れ、優しい心で接し、訪れる人みんなの気持ちが良くなるような保育園でありたいと願い、命名しました。

お問合せフォーム